離脱症状に注意

指でつまんでいる薬

イフェクサーのような抗うつ剤を服用し初めると、徐々にうつ症状が緩和していきます。
そうなると今度は薬の量を徐々に減らしていく「減薬」という物を行い、最終的には薬を服用しなくても日常生活を送れる状態に持っていく必用があるのですが、その過程で「離脱症状」という症状が現れる場合があるのです。

離脱症状というのは「薬が身体の中にあるのに慣れ切った状態から薬が減少することによって起こる副作用」のようなものです。
主な症状としては体の震えや頭痛、精神的に落ち着かずソワソワしてしまうなどの症状があります。
このような症状が現れてしまうとうつ病の人も「やっぱり薬がないと生きられないんだ」と思い込んでしまい、改善しかけたうつ症状が再発してしまう事もあるのです。
その為、もしも減薬を行うのであれば、一気に薬の飲む量を減らすのではなく、服用量を減らしていったり、飲む量自体は同じだけれども1錠あたりの成分量を減らしていったりと、様々な工夫をしながら減薬を行っていく必用があります。

一般的にうつ病は「投薬開始から1年かけて薬を飲まない状態までもっていく」と言われています。
その人の体調やうつ病の程度によって若干の前後がはありますが、比較的長期的な目で見て治療を行う必要があるのです。
その為、投薬から減薬に移り、減薬が完了して何も飲まなくても大丈夫な状態に持っていくまで非常に時間がかかってしまいますし、その事に焦ってしまう事もあると思います。
しかし、決して焦る事無く、のんびりゆっくりと減薬を行い、じょじょに回復に持っていくようにしましょう!